忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  [1077]  [1076]  [1075]  [1074
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


緑色レジスタンスの戦士たち

◆1月27日

 リビヤではカダフィ大佐の政権が、NATOが絡む謀略によって倒されて以来、不安定な国情が続いている。このリビヤからは多くのイスラム主義者が武器を取ってシリアに向かっていった。

 そのリビヤでは最近、緑色レジスタンスという運動が勃興し、特にリビヤ南部で武力抗争を展開し始めている。緑はカダフィが統治していた時の象徴であり、それを旗印にした戦士らがリビヤ各地で襲撃事件を起こしている。

 不正な謀略で倒されたカダフィ政権に対する忠誠を誓う者たちが、潜伏期間を過ぎて、力を蓄えた後、今表面に現れて、顕な反政府運動を開始したのである。親カダフィ派の捲土重来である。この記事は数回に分けて紹介する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●リビヤ:緑色レジスタンス運動が勃興 -その1-
http://stopimperialism.org/secret-war-libya/
【1月23日 By Eric Draitser STOP IMPERIALISM】

 現在リビヤ南部で戦われている戦闘は、単なる部族間の衝突ではない。この戦いは、黒リビヤ人部族グループと親カダフィ勢力の同盟軍が、新植民地主義NATO傀儡政権からリビヤを解放する戦いである。

 18日、重武装した戦士らがリビヤ南部のサブハ市郊外の空軍基地を襲撃し、アリ・ゼイダン政府の軍を駆逐し基地を制圧した。同時に、国内の報道は、大社会主義人民リビヤ・アラブ・ジャマヒリヤ国の緑の国旗が、リビヤ中のいくつかの都市に翻っている状況を伝えだした。確認できる情報が不足する中-トリポリ政府はぼんやりとした情報と証拠を示すだけ-一つだけ確かな事は:リビヤにおける戦争は終わっていない、ということだ。


■地上では

 リビヤのアリ・ゼイダン首相は空軍基地が襲撃されたというニュースの後に国民議会の緊急会議を召集し、緊急事態を宣言した。首相は南部の軍に対し、反乱軍の鎮圧を命じ、記者団に対し、「この衝突は継続しているが、数時間後には解決しているであろう」と語った。国防省のスポークスマンは、中央政府が空軍基地を再度奪還したと発表し、「軍は準備が整ったので、航空機が出動し、標的に対処している・・・犯罪者の付け入る隙が南部にはあった、カダフィ政権に忠誠を誓う者たちが、空軍基地を襲撃する機会があったが、我々は革命と人民を守護するだろう」と語った。
 この空軍基地に対する襲撃に加えて、トリポリの政府要人に対する襲撃事件も起きた。最近の襲撃事件の大物犠牲者はハッサン・アル・ドゥロリ副工業相でシルテ市で暗殺された。彼がイスラム主義者によってか、緑色レジスタンス戦士によって殺されたか、定かではないが、間違いないことは、中央政府が襲撃の標的であり、統治がママならず国家の安全は保障されていない、ということだ。多くの者たちが、彼の殺害は、個別的で、狙い撃ちされた暗殺ではなく、親カダフィ緑色戦士たちが顕著な増大する抵抗運動の一環としてのものではないか、と考えている。

                       -その2に続く-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]