忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


なぜ戦闘地帯上空に入って行ったのか?

◆7月25日

 7月22日号「ロシア:ブラックボックスで全ては明らかになる」で、以下のように指摘した。「キエフの航空交通管制官の一人にスペイン人がいて、彼は今回の事件にはウクライナ軍が関与している、という意見を述べたという。彼は事件の直後に解雇されているが、彼がいうにはレーダーの記録は全て没収されたという。軍の管制官らは軍が関与していることを認めていて、誰が撃墜命令を下したのかがささやかれているという」

 墜落したマレーシア機とウクライナの航空管制官(軍の管制官も含む)らが交信した記録があるはずだが、それは一切公開されておらず、上記のスペイン人のツィッター上での発言では、キエフ当局がすべて没収したままとなっているようだ。つまり、キエフ当局は最も重要な情報を隠している、ということだ。

 ウクライナ政府は昨日、首相の辞任に伴って内閣は瓦解した。理由はなんであれ、この最重要な時期に首相が辞任とは呆れる話だ。早々に彼らはこのマレーシア機撃墜問題で、雲行きが怪しくなりだしたので、逃げ始めたと見られる。例えば、先に親ロシア派の司令官が墜落直後に部下と交わしたという会話記録は、実は墜落の1日前の16日に作成されていることがそのログからわかっている。つまりウクライナ当局のでっちあげなのだ
(http://vladimirsuchan.blogspot.co.uk/2014/07/another-false-flag-lh-17-likely-downed.html?spref=fb)

 ロシアの歴史家のボリス・ユーリンはウクライナの戦闘機によって撃墜されたかもしれない、と指摘している。とにかく墜落当日のウクライナ軍の空の上と地上での動きは尋常ではなく、その説明が納得のいくものとして出されていないことからも、ほぼ間違いなく撃墜は彼らウクライナ軍の仕業と見ていいだろう。そしてそれを「親ロシア派」の仕業と喧伝することで、親ロシア派とその背後にいるロシア、そしてプーチン大統領に責任を負わせようとする陰謀であろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ウクライナはマレーシア機墜落の重要な証拠を隠している
http://english.pravda.ru/news/world/24-07-2014/128138-ukraine_boeing_crash-0/#.U9GNVXkcRjo
【7月24日 Pravda.Ru】

 ロシア連邦空軍元防空参謀長であるアレクサンダー・マスロフ中将は、ウクライナ当局が航空管制官と墜落したマレーシア機パイロットとの会話の記録を隠していると指摘した。

 「航空機のパイロットと防空システムの高官らとのこの会話の記録は非常に重要なものだ。ウクライナ軍はこれら一切の記録を保有している。これはソ連以来ミサイルシステムの作業に変更はないのだから間違いないことであり、正確に時計のように作動してきていることだ」、と24日語った。

 マスロフは「ウクライナは、2001年にウクライナがロシアの航空機を黒海上空で撃墜した時と同様の状況が生じたことを治安局の壁の背後に隠している」と語ったとRIAノーボスチ通信は報じた。

 「なぜロシアの他には誰も、この会話記録という証拠が即刻公開されるべきだと指摘しないのか?これはおかしなことだ」と、マスロフは指摘した。


●マレーシア機はウクライナの戦闘機によって撃墜されたかもしれない
https://www.youtube.com/watch?v=9XALWNDPKsg
【7月22日 ボリス・ユーリン】

https://www.youtube.com/watch?v=9XALWNDPKsg&feature=player_detailpage

 マレーシアのボーイング777型機の墜落に関する調査は継続している。専門家と救助隊員らは犠牲者の遺体を探し続けている。しかし墜落の原因はいまだ分かっていない。

 歴史家のボリス・ユーリンは以下のように語った。

 「戦闘機によって撃墜されたかもしれない。ウクライナは航空機を簡単に撃墜できる戦闘機を保有している。技術的にはだれでも撃墜できる。しかし、誰がそれを実際に実行したかは分からない。また調査は本当の原因を見つけないかもしれない。

 この航空機は戦争地帯上空を飛行していた。ウクライナが対テロリスト作戦と呼んでいることは、実際には懲罰作戦であり、その作戦では彼らは航空機と対空兵器を使用している。民間航空機はこの地域の上空を飛行すべきではないのだ。従って、『誰がマレーシア機を撃墜したのか』ということの基本の考え方としては、誰が戦闘地域上空にこの航空機を導いたか、という問題を基本とすべきなのだ」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

7月17日、3機の民間航空機がほぼ同じ空域を飛行

◆7月24日

 ウクライナの戦闘機がマレーシア航空機に接近したのは、地上からのミサイル攻撃が失敗した際に、戦闘機自身が攻撃するためだったのではないだろうか。これはこの航空機をなんとしても撃墜したかったというウクライナないしは欧米側の強い意思を感じさせられるものとなる。

 ウクライナ政府は航空機撃墜直後に、親ロシア派の交わしたとされる会話を公開したり、ブク・ミサイルが親ロシア派の手に渡ったということを主張する映像を公開したりしているが、それら全てが、インチキないしは出来ゲームというか、あらかじめ準備されたいたもの、という感じになっている。

 そしてアメリカは証拠の衛星写真がある、と主張したが、アメリカ側は今に至るも、その衛星写真とやらを公開していない。今、一生懸命その「衛星写真」を創作しているのかも知れないが・・・

 欧米側の主張している、「親ロシア派が誤射した」、という声明を擁護する証拠となるものは、この通り結局何も無い、というのが実情であり、逆にウクライナ軍が撃墜した、ということを示す資料、状況証拠の方が充実しているのである。欧米側が示すものは却って、自分達が真の下手人であることを示すものになっている。そういう状況を日本のメディアは何も示さない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシア軍:ウクライナ・アメリカへの10の質問 -その2 最終章-
http://rt.com/news/174496-malaysia-crash-russia-questions/
【7月21日 Russia Today】

6.民間航空機用のルートで軍用機は何をしていたのか? 

 「この空域には当時3機の民間航空機が通常の飛行をしていた。17時17分、コペンハーゲンからシンガポールへのフライト、17時24分、パリから台北へのフライト、そして同時刻、アムステルダムからクアラルンプールへのフライトだ」

 「更に、ロシアのモニタリング・システムはウクライナ空軍ジェット機、恐らくはSu-25が上昇しマレーシアのボーイング機に接近してくるのを記録している」

 「このSu-25はマレーシア航空機から3-5kmほど離れていた。Su-25は短時間で高度1万メートルに到達できる能力がある。その標準装備はR60空対空ミサイルを含み、これは12km先の標的をロックし打撃することができる。これは5kmの距離の標的を確実に打撃できる」

7.なぜ軍のジェット戦闘機は民間航空機にそれほどまでに接近したのか?

 「17時21分35秒、ボーイング機のスピードは毎時200kmまで落ちた時、新しい飛行物体を探知するマークがボーイング機の破壊の点に現れた。この新しい飛行物体は4分間に渡ってドネツクとブツリンスカヤのレーダー基地で継続して探知されていた。管制官の一人はこの新しい飛行物体の正体が何か尋ねていたが、そのパラメーターに関する解釈を得ることは出来なかった。恐らくはこの新しい航空機は第二監視レーダトランスポンダを装備していなかったためで、これは軍用機の特徴である」とマクシェフは語った。

 「新しい航空機の探知はその航空機が上昇し始めたので可能となった。この飛行物体の位置の変化はボーイング機の墜落現場をホバリングし、偵察していたことを示している」

 「ウクライナ高官は先に、ウクライナ軍用機は墜落空域には存在しなかったと主張したが、見ての通り、それは真実ではない」

8.ミサイル発射台はどこからきたのか?欧米メディアによってブク・システムはウクライナからロシアに移動したことを示すというビデオが出回った。このビデオはキエフ当局が支配する地域で撮影されたのだから、発射台はどこから輸送されたのか?

https://www.youtube.com/watch?v=L4HJmev5xg0&feature=player_detailpage

 「ここに紹介してきたこの情報は客観的かつ信頼できるデータを元にしたもので、ロシアに対する根拠の無い非難とは違う」とパルとポロフは語った。

 「例えば、ブク・システムがウクライナからロシアへ移動したことを示すというビデオを欧米メディアは流した。これは明らかなインチキである。このビデオはクラスノアルメイスク町で撮影されたものだ。背景に見える自動車特約店の広告板の住所がドネプロペトロフスク通り34番地である事を示している。クラスノアルメイスクは5月11日以降はウクライナ軍が支配している地域だ」

9.今それはどこにあるのか?なぜ、いくつかのミサイルは発射台からなくなっているのか?ミサイルが最後に発射されたのはいつか?

 ウクライナの内務省のビデオからの映像は、ウクライナから移動されたと思われるブク・ミサイルシステムが3発の内の2発のミサイルと共にあることを示している。


2発のミサイルが見える、3発目、4発目は? MH17便の撃墜に使用された?

10.アメリカは、反政府民兵によって発射されたミサイルでMH17便が撃たれたと主張する内容を示す証拠となるものを、何故示さないのか?

 「アメリカ高官らは彼等はマレーシア航空機が反政府民兵によって発射されたミサイルによって撃墜されたことを示す衛星写真を持っている、と主張した。しかし、今のところ誰もそれを見た者はいない。我々が知る限り、確かにアメリカの衛星がモスクワ時間で7月17日17時06分から17時21分までウクライナ南東上空にあった。

 「この衛星はさまざまな射程のミサイルの発射をモニターし追跡するようデザインされた実験システムの一部である。もしも我等のアメリカの仲間が衛星からの映像を持っているのならば、詳細な検証のために国際社会に向けてそれを公開するべきだ。マレーシア航空機が墜落した丁度その時、アメリカの衛星がウクライナ上空にあったというのは、偶然であろう。



 ザロシンスコエのブク・ミサイル防空システム

 この航空機墜落問題において疑問点を持ち出したのはこれが初めてではない。ロシアが攻撃の黒幕にいる確かな証拠を持っていると主張するキエフ当局がテープを公開しただけで、なんらの説明もなされていない。

 自衛勢力(反政府民兵勢力)を非難しているアメリカは、情報関係資料を公開することを拒否している。21日国務省副スポークス・パーソンのマリー・ハーフはロシアの声明を「プロパガンダと偽情報」であると表現したが、記者らがアメリカ政府は情報と衛星からのデータを公開するのか、と尋ねられ、ハーフは「するかもね」としか回答しなかった。今までのところ、アメリカは自分達の主張をソーシャル・メディアと「コモンセンス」で擁護しているだけだ。

                                 - 了 -

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記者会見を行うアンドレイ・カルトポロフ中将とイゴール・マクシェフ中将(右)


◆7月23日

 昨日の記事内容とダブルものもあるが、ロシア側から提示されたウクライナとアメリカに対する10の質問ないしは疑問点が示された。より詳細な内容と言っていい。これらのニュースに接しているロシア国民が、マレーシア航空機を撃墜したのはウクライナ軍である、と考えたとして不思議ではない。

 逆にいえば、日本人は欧米側からのニュースが殆どだから、こういった内容については何も知らされておらず、ただ、オバマ大統領が何を言った、ケリー国務長官が何を言った、ということだけしか知らず、それで初めから親ロシア派が誤射した、と思い込まされてきている。

 そもそも、このような事件が起きた時、直ぐにその下手人が誰か分かるようなニュースが流れた場合には、そのニュースを流した方が本当の下手人である、と考えるべき時がある。しかし一般の人間は最初のニュースがインプットされるから、その線で事件を理解しようとずっとそれを辿ってしまう。この事件が起きた時、ウクライナ政府が、親ロシア派が撃墜したことを示す「会話」を傍受したとして公開したが、これなども、前もって準備していたものをここぞとばかりに公開したものであろう。準備があまりに良すぎるのは、疑ってかかるべきであることは、推理物の基本だ。要するに「話がうますぎる」という奴だ。

 欧米側はこういったロシア側から提示された疑問点にまだ回答するに至っていない。しかしこれら一連の疑問点をしれば、このマレーシア航空機撃墜がウクライナ軍のブク・ミサイルで実行されたということは、ほぼ間違いないことであろう。ただ、フライト・レコーダーの解析とその発表がまともに行われると考えるのは早計だろう。欧米・ウクライナ側は必死になってこのブラックボックスの内容を自分達に有利にしようと画策する可能性がある。いろいろな圧力も掛けられるであろう。真相が出てくるかどうか、これもまだ分からない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシア軍:ウクライナ・アメリカへの10の質問 -その1-
http://rt.com/news/174496-malaysia-crash-russia-questions/
【7月21日 Russia Today】

 ロシアは軍のモニターリング・データを発表した。これで見ると、ウクライナの戦闘機がマレーシア航空MH17便を墜落直前に追尾していることが示されており、ロシア軍はウクライナとアメリカに対し、この悲劇の状況について新たな疑問点を提示した。

 陸軍参謀総長のアンドレイ・カルトポロフ中将と空軍参謀本部主任参謀のイゴール・マクシェフ中将は、ウクライナとアメリカに対し、東ウクライナで300人近い犠牲者を出した先週木曜日の悲劇の原因の可能性として考えられる事柄についての、いくつかの質問を提示した。

1.なぜ、マレーシア航空MH17便は国際的航路を外れたのか?
 
 「この航空機はドネツクに到達するまでは航路を維持していたが、それから北に航路を外れていった」とカルトポロフは語った。

2.MH17便は操縦上のミスで航路を外れたのか、それとも乗務員はウクライナのドネプロペトロフスクの航空交通管制官の指示に従ったからなのか?
 
 「航路の左はしからの最大離脱距離は14kmである。それから、この航空機は正式な航路に戻ろうとしているのが見えるが、マレーシア人クルーはそれを達成するまでいかなかった。17時20分にこの航空機はスピードを失い始め、17時23分にロシアのレーダーから消滅した」と彼は語った。

3.反政府民兵らは航空機は所有していないのに、なぜ大規模な防空システムが反政府民兵の地域付近に展開したのか?
 
 「我々が知る限りでは、ウクライナ軍は墜落当日、ブク地対空ミサイル・システムを装備している3個ないし4個の大隊をドネツク近郊に持っていた。このミサイル・システムは高度22km、射程35km内の標的を打撃できる能力がある」


 
 ドネツク地区のブク・ミサイルシステム。ドネツク市から5kmの地点


4.なぜ、ウクライナ政府はブク・ミサイルシステムを墜落直前に反政府民兵支配地域のすぐ横に展開したのか?

 「我々はこの地点の衛星写真を持っているが、そこではウクライナ軍が防空部隊をウクライナ南東部に展開しているのが分かる。最初の3枚の写真は7月14日に撮影されたものだ。最初の写真はブク発射台がルガンスクの8km北西にあるのが分かる。一基のTELARと二基のTELが見える。2枚目の写真はドネツクの5km北のレーダーを示している。二基のTARが他の装備と建物等と共に見える。3枚目の写真はドネツク北の防空システムを示している。TELAR発射機と60台の軍関係車両、車両用テントとその他の建物が見える。

 「これは同じ地域の7月17日の写真である。発射台が撤去されていることが確認できる。5枚目の写真は同じ日の、ドネツク東50kmのザロシュチェンスコエ村とシャフチョルスク南8kmにあるブク・ミサイル発射台を示している。6枚目の写真は、同じ地点の7月18日のものである。見るとおり、発射台は撤去されている」



 ドネツク地区のブク・ミサイルシステムはなくなっている。ドネツク市北5km。7月17日 

5.墜落が起きた日、ウクライナはブク・システムのキーとなる構成部分であるクポル-M1 9S18レーダーの活動を活発化させた。なぜか? 
 
 「7月17日には、ウクライナのクポル-M1 9S18レーダーの活動が活発化しているのが分かった。この図で分かるように、7基のレーダーが7月15日に作動していた、16日には8基のレーダー、17日には9基のレーダーが作動していた。そして18日からレーダー活動は急速に減少し、今では2基ないし3基のレーダーが作動しているだけだ。この理由はまだ説明されていない」、


                   その2に続く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マレーシア航空機を追尾したのと同型のウクライナ戦闘機

◆7月22日

 マレーシア航空MH17便は墜落直前、ウクライナ軍戦闘機に追尾されており、また本来のコースから最大14kmも外れたコースを飛行したとロシア軍が指摘している。

 更にはこの航空機が墜落する直前に、ウクライナ軍は地対空ミサイルであるブク・システムを親ロシア派が支配する地域付近にまで移動させており、かつ墜落直後にそこから撤去させている。

 更に驚くべきこととして、マレーシア航空では、このMH17便が高度を下げて、制限高度からわずかに300mほどしか離れていない高度(33.000フィート)を飛行するように交通管制から指令を受けていた、と指摘していることだ。(http://therealsingapore.com/content/ukraine-air-traffic-controllers-instructed-mh17-fly-lower-mas-says)
 このMH17便の航路変更について、欧米メディアは嵐を避ける為、と言っているが、マレーシア航空ではそのようなことはなかった、と否定している。
 
 キエフの航空交通管制官の一人にスペイン人がいて、彼は今回の事件にはウクライナ軍が関与している、という意見を述べたという。彼は事件の直後に解雇されているが、彼がいうにはレーダーの記録は全て没収されたという。軍の管制官らは軍が関与していることを認めていて、誰が撃墜命令を下したのかがささやかれているという。
(http://www.eturbonews.com/48079/ukraine-air-traffic-controller-suggests-kiev-military-shot-down-)。

 最後に付け加えることは、この時、ロシアのプーチン大統領が乗っている大統領専用機が似た時刻に似たルートを飛行していた、ということだ。
(http://rt.com/news/173672-malaysia-plane-crash-putin/)
 しかも両機は似ている



 何処の誰が何をどう間違うことで、マレーシア航空機が墜落することになったのか?さまざまな状況を勘案すると見えてくることがありそうだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシア:ブラックボックスで全ては明らかになる (部分訳)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2700248/MH17-lost-speed-altitude-veered-14km-course-tailed-Ukrainian-jet-Sensational-claims-Russia-say-revealed-black-box.html
【7月21日 Will Stewart, Kieran Corcoran — Daily Mail】


 
 ロシアはウクライナの戦闘機が墜落前にマレーシア航空機に接近していたと言って非難している。

 「マレーシア航空機から3~5kmの距離で飛行しているSu-25と思われるウクライナ戦闘機が高度を上げたことは探知されている」と参謀本部中央作戦指令部のアンドレイ・カルタポロフ中将は語った。

 このSu-25地上攻撃用戦闘機は短距離空対空ミサイルを搭載しているので、5kmの距離にある飛行する標的を破壊することができる。

 「我々はキエフ当局に対して、民間航空用に割り当てられているルートにある民間航空の飛行と同時刻に同高度で戦闘機を飛行させていた説明を求めたい」と将軍は語った。

 ロシア軍情報筋はマレーシア航空機がレーダーから消滅し東ウクライナに墜落する3分前にスピードを落とし始めていたと主張した。

 「この航空機は17:20に着実にスピードを落とし、17:23にレーダーから消滅した」とカルタポロフは語った。この航空機はドネツクまでは決められたルートを飛行していたが、それから北にコースをそれ出した」と語った。

 彼は、この14kmまでコースから外れたこの航空機が決められたコースに戻ろうとしたが、それを達成するまえに墜落したと語った。 

 「コースを外れた理由は、クルーが操作を誤ったのかウクライナの交通管制指令に従ったからなのかは、ブラックボックスとして知られるフライト・レコーダーから、そして航空交通管制の通信記録から分かる」と彼は主張した。

 カルタポロフはロシアの衛星の映像はウクライナが「ブク(Buk)システム」を航空機の墜落があった前日に反政府側が陣取っている方向に移動したことを示している、と語った。

 カルタポロフは7月14日に、ブク・システムはルガンスク北西8kmに地点にあったと語った。3日後にはドネツクから50km、南シャフテルスク8kmほどの地点にあるザロシェンスコエ村付近に移動した、という。

 「我々は、この兵器を航空機墜落直前に反政府側が支配している地域の非常に近くに移動させた理由は何か?と聞きたい。同じエリアの翌日18日の写真では、この兵器がこのエリアから撤去されたことが示されている」と彼は語った。

 彼はロシアからウクライナにこのブク・システムが運ばれたという映像はインチキだ、と主張した。「これは全くの捏造されたものだ」と彼は語った。

 「この写真はクラスノアルメイスク町で撮られたものだ。そしてそれは道路の横に見える横断標識で分かる。カー・サロンの住所がドネプロペトロフスカヤ通り34番地であることを示している。そしてクラスノアルメイスクは5月11日以降ウクライナ軍が支配している」と彼は語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

監視所から双眼鏡で監視するクルド人

◆7月17日

 自分達の占領した地域を「イスラム国」と呼ぶ、スンニー派聖戦主義過激派は、シリアとイラクにまたがる一定の地域を支配下に置いてきているが、それはクルド人の支配する地域と重なる部分があり、クルド人らも自分達の生き残りを掛けた戦いを強いられている。

 つまり、トルコ、シリア、イラク、イランの各国からみれば、反政府的要素を持つクルド人と、同じくシリアとイラクの両政府に対する敵対行為を行う「イスラム国」とが、やはり敵対し合い、元々の各国政府軍との共闘や戦闘が複雑な形で行われる情勢になっている。

 従ってこれからもこの複雑な勢力地図は時間の経過と共に変遷していく可能性が高く、侵入してきた外国人達である聖戦主義過激派の「イスラム国」が壊滅するまで、どのような変化をするか、全く余談を許さない状況となるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●トルコのクルド人:ISILとの戦闘でシリア領に侵入
http://news.yahoo.com/kurds-enter-syria-turkey-fight-jihadists-133410460.html
【7月15日 AFP】

 クルド人の都市であるアイン・アルアラブを包囲している過激派聖戦主義グループとの戦いをするために、数百名のクルド人がシリア北部へ入ったと、目撃者が15日語った。

 クルド系シリア人活動家は、トルコでテロリストとされているクルド労働者党(PKK)の出した命令でクルド人戦士の一団がコバネを防衛するためにやってきた、と語った。

 「戦士らは4、5日前からトルコからコバネに入っている」と、ハヴィダーという人物が語った。

 「昨夜、最後に入ったグループは、PKKのより上層部からの命令でやってきた者たちだ。昨夜はコバネで祝宴があった。彼等戦士らは町に到着した際に空に向かって発砲をしていた」と彼はAFPに語った。

 観測所のアブデル・ラーマンはPKKの呼びかけの後、動員がなされたと語った。このPKKはトルコ、イラン、イラク、シリアに支部を持っている。

 「クルド人はイスラム国からの襲撃に備えている」と彼は語った。

 シリアのクルド人はこのイスラム国(=ISIL)と数ヶ月間戦ってきている。

 「聖戦主義者が前進しクルド人が後退して苦戦をしているのは初めてのことだ。これはイスラム国側がイラクから大量の武器を持って来ているからである」と、ハヴィダーは語った。イスラム国はイラク軍に対する攻撃で武器を獲得している。

 「戦いにやってくるクルド人はあらゆるところからやってくる・・・トルコ、イラン、シリアその他からも。ヨーロッパに住み着いているクルド人も来たいと言っている」と彼は語った。

 コバネはイスラム国軍によって包囲されているが、この都市が重要なのは、聖戦主義者の主要な砦であるラガと、最近彼等が侵攻したアレッポとの間に位置しているからだ。

 「状況は多少でも良くなることはなく間違いなく悪化している」とハヴィダーは語った。

 このイスラム国は6月にシリアとイラクにまたがるイスラム教の帝国を宣言した。

 アサド大統領の追放を目指す反政府グループによってシリアにくることを歓迎されたこれら聖戦主義過激派グループは、彼等の組織的な犯罪行為や支配に対する貪欲さのため、反政府グループの反発を買った。

 1月には反政府グループはこのイスラム国に対し攻勢に出たが、シリアの国境地帯に自分達の町があるクルド系シリア人はこの聖戦主義者らと長きに渡って戦ってきている。

 ハヴィダーは以下のように語った:「クルド人と戦っているイスラム国は宗教的あるいは民族的な理由で戦っているわけではなく、国境沿いにあるということと、これらの町がイスラム国の砦の近くにあるという理由からだ」。

 アブデル・ラーマンは以下のように語った:「クルド人にとっては生きるか死ぬかの戦いである。もしもイスラム国側がアイン・アルアラブを奪取すれば、クルド系シリア人の住む東方地帯、北東にあるハサケーなどに迫ってくるであろう」 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]